ラジウム情報館

February 8, 2012

アルブミンとは?

※出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/アルブミン 

アルブミンは一群のタンパク質に名づけられた総称で、卵白(albumen)を語源とし、卵白の構成タンパク質のうちの約65%を占める主成分タンパク質に対して命名され、さらにこれとよく似た生化学的性質を有するタンパク質の総称として採用されている。 代表的なものに卵白を構成する卵アルブミン脊椎動物血液血漿に含まれる血清アルブミン乳汁に含まれる乳アルブミンがある。

アルブミンは一般的に肝臓で生成される。アルブミン濃度が低下している場合は、肝疾患、ネフローゼ栄養失調が疑われる。

 血清中に多く存在するタンパク質の一つ。分子量約66,000。血清中には多くのタンパク質が存在するが、血清アルブミンはその約50~65%を占める。

機能 [編集]

  • 浸透圧の保持 アルブミンは他の血清タンパクに比べ分子量が小さく、量が多いため、血液浸透圧調整の役割を担っている(膠質浸透圧を参照)。
  • 物質の保持・運搬 血漿に存在する脂肪酸ビリルビン無機イオンあるいは酸性薬物などの外来物質を吸着する。一方血漿中の塩基性薬物は主としてα1酸性糖タンパク(α1アシドグリコプロテイン)と結合する[1]。低分子物質は、各種臓器に取り込まれて代謝・排泄されるが、アルブミンに結合した物質は臓器に取り込まれず、血中を循環することができる。薬剤の臓器移行性に大きな影響を及ぼす。ワルファリントルブタミドなどは特にアルブミンとの結合性が高く、これらと結合が競合するような薬剤を併用した場合、予想以上に組織中薬物濃度が上昇することが知られている。
  • pH緩衝作用
  • 各組織へのアミノ酸供給
  • 抗酸化作用

臨床検査 [編集]

肝臓で生合成される。このため、臨床検査では肝機能の指標とされ、Albという略号で表されることが多い。健常人の基準値は約4~5g/dL。アルブミン濃度が低下している場合は、肝疾患や栄養失調が疑われる。また、血清中の別の主要なタンパク質群であるグロブリン濃度との比、アルブミン/グロブリン比(A/G比)も重要な肝機能の臨床検査項目である。A/G比の基準範囲は1.2~2.0。(いずれも基準値は測定方法、施設により異なる。)

活性酸素と人体の関係

※出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/活性酸素

多くの好気性生物は、生命維持に必要なエネルギーを得るため、ミトコンドリアで絶えず酸素を消費している。これらの酸素の一部は、代謝過程において活性酸素と呼ばれる反応性が高い状態に変換されることがある。 発生した活性酸素・フリーラジカルは様々な物質に対して非特異的な化学反応をもたらし、細胞に損傷を与え得るために、その有害性が指摘されている。

それを防ぐために各組織には抗酸化酵素と呼ばれる、活性酸素・フリーラジカルを消去あるいは除去する酵素が存在する。その抗酸化酵素としてカタラーゼやスーパーオキシドディスムターゼ、ペルオキシダーゼなど、活性酸素を無害化する酵素がある。

細胞内の酵素で分解しきれない余分な活性酸素は癌や生活習慣病、老化等、さまざまな病気の原因であるといわれており、遺伝子操作によって活性酸素を生じやすくした筋萎縮性側索硬化症のモデル動物も存在するが、因果関係がはっきりとしていないものも多い。

なお、喫煙による活性酸素の増加が、細胞を傷つけ癌を増加させるのみでなく、ビタミンCの破壊を促進し、しみ、くすみなどの原因となるメラニンを増加させてしまうことが知られている。

http://item.rakuten.co.jp/kiki-mimi/radium_sheet_gifu-u/ 

血液サラサラに?酸化した血液が抑制された

採取された血清アルブミンの分析を行ったところ、天然ラジウムラバーシートを使った場合に、酸化型アルブミンの割合が有意に低くなりました。
激しい運動や過度のストレスなどで血清アルブミンに大きな影響が現れることは知られていましたが、酸化アルブミン値が有意に減少することは予想以上の結果といえます。
これは天然ラジウムが酸化ストレスを緩和させることができたことを意味しています。
酸化した血液が減少するということは血流の流れに影響を与えることが考えられ、わかりやすくいうならば”血液サラサラ”の状態といえるかもしれません。
それは酸化ストレスによる動脈硬化、糖尿病や高脂血症、肝臓の機能低下、がんといった生活習慣病に効果が期待できるとともに、白髪、しわ、しみなどの老化の原因を抑制することでアンチエイジングにつながるといえます。

http://tsuge-sekizai.co.jp/product_radium_albumen.html 

http://item.rakuten.co.jp/kiki-mimi/c/0000000105/ 

天然ラジウムが血液の酸化を抑制した!?

被験者として実験に参加してくれたのは中高年男女 12名(男6、女6)(平均年齢60.3歳)
つげ石材の天然ラジウムを使った低線量放射線ラバーシートを敷布団に18枚敷き1週間ほど就寝時に使用しました。ラバーシートを使用した場合としなかった場合の合計2週間のうち血液検査を行ない、血中の血清アルブミン値を測定し、酸化・還元状態を分析しました。
その結果は低線量放射線ラバーシートを使用した場合に約26%前後の酸化アルブミン値が約24%前後に変化しました。つまり酸化アルブミン値が2.2%ほど減少したことを示します。

111027_s.jpg

http://item.rakuten.co.jp/kiki-mimi/c/0000000105/ 

抗酸化作用が確認できた!

今井博士らの研究グループは、岐阜県中津川から採掘された天然ラジウムを使ったシリコンシートに抗酸化作用があることを確かめるために、血液中の血清アルブミンに着目しました。
血清アルブミンとは、酸化ストレスから体を守る血液中のタンパク質で、自らが酸化されることで体の酸化を抑えています。酸化されていないアルブミンを還元型アルブミンと呼び、酸化されたアルブミンは酸化型アルブミンといいます。
日常生活では、生じた活性酸素は体内で作られる抗酸化作用を持った酵素により解消されるため、酸化型アルブミンが増えることはありません。
しかし激しい運動やストレスなどで活性酸素が増えすぎて、抗酸化作用をもった酵素だけでは対応しきれなくなると、体の酸化を抑えるため還元型アルブミンが動員され、酸化型アルブミンに変化するのです。また加齢や疾病などにより酸化型アルブミンの割合が増加することが知られています。
つまり、血液中のアルブミンのうち、酸化型アルブミンの割合が高ければ、それだけ強い酸化ストレスにさらされている、逆に低ければ酸化ストレスを抑えられていることを示す証拠になります。

今井博士らの研究グループは、天然ラジウムラバーシートが酸化ストレスを緩和できるか確かめるための実験を行いました。

 http://item.rakuten.co.jp/kiki-mimi/c/0000000105/ 

ヒトのカラダが錆びる?

私たちにとって空気中の酸素は、生きるために不可欠ですね。また取り込んだ酸素の一部は活性酸素となり、体の中の病原体や毒物を排除するなど、様々な役割をもっています。しかし体内で増え過ぎた活性酸素はとても強力な酸化力をもっており病原体や毒物だけでなく、体の細胞までも酸化してしまうといわれています。
つまり酸化とは体が錆びていくようなものです。
強すぎる活性酸素は血管が錆つかせ、血管が硬くしてしまい、動脈硬化を引き起こす要因となります。また糖尿病や高脂血症、肝臓の機能低下、がんといった生活習慣病や、白髪、しわ、しみなどの老化の原因ともいわれています。
こうした病気や老化の原因が酸化ストレスであるのなら、酸化ストレスをコントロールすることで、それらを予防や遅らせることができると思われます。
岐阜大学教育学部の今井一博士らの研究グループでは、天然ラジウムから放出される放射線が、活性酸素による血液の酸化を抑える効果があることを発見しました。

 http://item.rakuten.co.jp/kiki-mimi/c/0000000105/ 

Powered by WordPress