ラジウム情報館

February 9, 2012

今後に期待される放射線ホルミシス効果

なお、今後の放射線ホルミシス研究において期待されるものとしては、医学治療の分野とアンチエイジングがあります。
医療分野ではがん治療に応用することや、免疫力向上に期待が寄せられています。
アンチエイジングの分野では、体内の過度の活性酸素を抑制することで細胞の老廃物(過酸化脂質)の除去や細胞膜の透過性の向上が期待でき、肌細胞に限らず、細胞が活性していわゆる若返り効果が期待されています。

今後の放射線ホルミシス効果の研究に伴い、安心できるラジウム商品を見極めることが重要です。
つげ石材の中津川産天然ラジウム商品は、自然に含まれる天然のラジウム鉱石のみを使用しているため、安心してご利用いただけます。

http://item.rakuten.co.jp/kiki-mimi/radium_yu_sample_p10/

安全な放射線量と放射線ホルミシス効果

国際放射線防護委員会(ICRP)によると1~20mSv/1年間とされています。人間は自然より1人あたり平均年2.4ミリシーベルトの放射線を受けており、また中国やアフリカなど数倍の放射線を浴びて生活している人も数多くいます。
しかし中国陽江県における調査では、年間死亡率で一般の10万人あたり6.7人に対して6.1人程度、がん死亡率では10万人あたり66人に対し58人となり、いずれも放射線の強い地域の方が弱い地域を下回っているという結果が出ています。同様のことが岐阜県中津川の天然ラジウム採掘地付近でも報告されているようです。
これは低線量の放射線が人体に何かしらの良い影響を与えていると思われます。実際に年間250ミリシーベルト以下の被ばくで治療が必要と認められた症例がひとつも存在しないことからも、放射線に対する認識を改める必要があるのかもしれません。

ただし、過度な放射線を浴びることや間違った知識を持つことは危険に違いありません。
放射線ホルミシス効果をうたった商品が数多く出回っていますが、多くの場合は首を傾げる表現が見られます。残念ながら科学的根拠無く無責任なものも少なくありません。
正しく正確な情報を得て理解を深めることが最も大切なのです。

http://item.rakuten.co.jp/kiki-mimi/radium_yu_10_p10/

自然界の放射線について

放射線は大量に浴びると放射線障害を起こすなど人体に影響があり、場合によっては死に至ることがあります。しかしながら、地球上では太陽や自然の鉱石などから微量の放射線を浴びています。また飛行機など地上より高い場所に行けば、宇宙から高い放射線を浴びてしまいます。むしろまったく放射線を浴びないで日常生活をおくることはできないといえます。それにより人体に多大な害があるかといえば、基準値以内であれば問題がないとされています。
さらに自然放射線の10倍から100倍くらいの放射線であれば、体や健康に様々な恩恵があることも分かりつつあります。
例えばラジウム温泉や放射線治療など、比較的高い放射線が人体にとってよいこともあります。
また低線量放射線に活性酸素を抑制する効果が報告されています。

活性酸素は、生命を維持するために必要なものですが、過度の活性酸素は強い毒性により人体に悪い影響を与えることが分かっています。様々な病気を引き起こすとも、老化を促進する原因とも考えられています。
低線量放射線は細胞の大部分を占める水分を電離させて一時的に大量の活性酸素を発生させ、体内の抗酸化の仕組みの活発化させ活性酸素を打ち消してしまうといわれています。
同じく活性酸素を抑制するといわれるビタミンCやビタミンEの摂取より効果的ではないでしょうか。
これが放射線ホルミシス効果と呼ばれるものです。

しかしながら微弱な放射線であっても、多くの人は放射線を浴びることに抵抗を覚えます。それは適量な放射線量が分かりにくいことに原因があります。

http://item.rakuten.co.jp/kiki-mimi/radium_sheet_gifu-u/

放射線ホルミシス効果とは

マスコミやインターネットで喧伝されている放射線ホルミシス効果とはなんでしょうか?
まず最初に理解することは、放射線ホルミシス効果とは様々な機関で研究されている途中の分野であり、結論が出ていないものということです。つまりマイナスイオンなどと同じく医学的な根拠が明確ではなく、数多くの症例が報告されているのみということです。
しかしながら低線量放射線が人体に良い影響を与える可能性は見つかっており、今後に期待できる分野といえるでしょう。

では、放射線ホルミシス効果とは具体的にどのようなものでしょうか?

ホルミシス効果(ホルミシスこうか、英: hormesis)とは、生物に対して通常有害な作用を示すものが、微量かつごく一時的であれば逆に良い作用を示す可能性のある生理的刺激作用のこと。(中略)

放射線ホルミシス効果とは、1978年、ミズーリ大学のトーマス・D・ラッキー生化学教授が、自らは実験や研究を行っていないが、20世紀初頭から知られていた一時的な低線量の放射線による生物の各種刺激効果を、改めて他の多くの研究者の研究原著論文を総説(レビュー)の中で紹介、整理することによって使用した言葉であり、アメリカ保健物理学会誌1982年12月号に掲載された総説によって提唱された学説である。この仮説では、一時的な低線量の放射線照射は、体のさまざまな活動を活性化するとされる。

引用:wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/ホルミシス効果

このようにまだ研究されている歴史も浅く、日々新しい症例が発見されている分野です。

http://item.rakuten.co.jp/kiki-mimi/c/0000000105/

Powered by WordPress